_RUV5600mx02
_RUV5600mx02

press to zoom
_RUV5612mx14
_RUV5612mx14

press to zoom
IMG_2848 - コピー
IMG_2848 - コピー

press to zoom
_RUV5600mx02
_RUV5600mx02

press to zoom
1/16

客殿の曳家工事

寺院(移築・耐震改修)
大阪府茨木市/
2021

意匠設計・耐震設計・設計監理


施工:株式会社金剛組

撮影:KUSANAGI Tsutomu(ruvita inc.)

寺院の客殿曳家(移築)工事。

敷地全体におよぶ大規模な工事のひとつとして、既存の客殿を曳家で移動させました。

大正時代に建てられたもとの建物は、ご住職家族が長年住まいとして使われた庫裏。

池を造って建物から庭を楽しめる客殿に造り替える、

そしてそのためにはまず庫裏を約30m曳家で移動し、向きを変え増築もする、

という大掛かりな工事でした。

もとの解放感ある間取りを生かせるよう耐震壁は配置し、傷みやすい足元の改善も施しました。

歪みをできる限り直し、傷んだ材を取り替え壁を塗りなおすと、

古ぼけていた建物がどんどんピリッとしてくるのですが、

古い建具を建て込んだ瞬間に不思議と懐かしい雰囲気が戻ります。